クラウド時代のID管理

大企業向けID管理基盤

Microsoft-Office365®対応、企業内システムを
どこでも統一IDでログイン可能に
資料請求

クラウド時代…大規模組織のID管理でこんなお悩みありませんか?

  • クラウドサービスごとにID管理が必要となり管理工数がかかる

  • テレワークで社外から業務システムにアクセスする事もあるため、セキュリティ上の懸念がある

  • BtoB/BtoCサービスを提供する上でセキュリティの維持管理の懸念がある

大企業向けID管理基盤”LaKeel Passport”で解決できること

  • 既存のLDAPサーバとのID連携やSNSアカウントとの連携によってユーザー情報の一元管理が可能
  • OAuth2.0やOpenID Connect、SAMLの認証・認可プロバイダとして機能し、セキュリティレベルも統一可能
  • サービス、API、画面要素、ファイル、データなど、様々な要素に対して自由度の高い権限設定が可能

クラウド時代のID管理を実現するLaKeel Passport

LaKeel Passportは、SAML/OIDC(Open ID Connect)に対応したID管理/SSOエンジンです。既存のLDAPサーバと連携したユーザ情報の一元管理、セキュリティレベルの統一、デバイス制御、多要素認証(MFA)など、クラウドの普及・モバイルの普及と共に求められるID管理を実現します。

数あるID管理基盤の中でもLaKeelが選ばれる理由

  • 各社SaaS、基幹システム
    ID管理を統一可能
  • システム全体のSSO
    容易に実現
  • 多要素・多段階認証
    も実現
  • BtoB/BtoCサービス
    の提供にも使用可能

お問合せ・資料請求

LaKeelシリーズの製品導入、販売に関するお問合せはお気軽にご相談ください。
LaKeel製品の導入・販売に関する
お問合せはこちら
お問合せ・ご相談
LaKeel製品の資料請求はこちら
 
資料請求はこちら