スマートに機能を拡張する「aPaaS」とは

多くの企業では「ERP一本化施策」を掲げていますが、日本においてはレガシーシステムで既に実現済みであった高度な自社業務への 適合を叶えるべく、多くのアドオンやカスタマイズが行われる傾向にあります。
こうした背景事情から、企業が陥りがちなのが「アドオン地獄」の問題です。
この「アドオン地獄」に陥らずに、将来的に必要に応じてスマートに機能を拡張していけるクラウドサービスとして近年『aPaaS』が注目されはじめています。
 
本資料では、そんな『aPaaS』とは何か詳しく解説していきます。
ダウンロードできる資料の内容

【1 その「ERP一本化施策」、アドオン地獄の覚悟はできていますか?

    ・資産を持たない経営が「クラウド型」拡大の原動力

    ・アドオン地獄への道は日本のカイゼン文化で舗装されている

 

【2 スマートに機能を拡張可能な「aPaaSとは

    ・APIが可能にしたERPの「周辺システム開発の進化系」

    ・ビジネスの価値に注力するaPaaS

 

【3 aPaaS でアドオン地獄から脱却を実現「LaKeel DX

お問合せ・資料請求

LaKeelシリーズの製品導入、販売に関するお問合せはお気軽にご相談ください。
LaKeel製品の導入・販売に関する
お問合せはこちら
お問合せ・ご相談
LaKeel製品の資料請求はこちら
 
資料請求はこちら