大企業向けID管理基盤

LaKeel Passport

資料請求はこちら

ID管理の統一/SSOの実現

各社SaaS、既存の基幹システムのID管理を統一する事が可能
既存のLDAPサーバとのID連携やSNSアカウントとの連携が可能

セキュリティレベルの向上・社外サービスにも適用可能

多段階、多要素認証にも対応
OIDC(OpenIDConnect)に対応し、BtoB/BtoCサービスのセキュリティレベル強化にも利用可能

柔軟な認可設定

LaKeel DX上で構築されたアプリケーションは認可まで管理する事が可能
サービス、API、画面要素、ファイル、データなど、様々な要素に対して自由度の高い権限設定が可能

LaKeel Passportの主な機能

ID管理

  • ユーザー管理
  • グループ管理 / サブグループ管理
  • ロール管理人情報保護方針
  • 属性管理
  • 初期パスワード / 仮ユーザー
  • アカウントロック

認証

  • ログイン / ログアウト
  • SNS認証
  • ケルベロス / LDAP連携
  • 多要素認証
  • 2段階認証
  • OTP
  • パスワードポリシー
  • アカウントロックポリシー

アクセス制御

  • ログ管理
  • セッション管理
  • IP制限
  • デバイス制限
  • クライアント証明書

LaKeel Passportの活用ケース

LaKeel DXのオプションとして追加
アプリケーションの開発運用基盤であるLaKeel DXを導入したうえでオプション追加が可能。LaKeel DXでシステム構築をする場合、ID管理基盤としての機能を簡単に組み込む事ができる。
LaKeel Passport単体でSaaS利用
SAML/OpenIDConnect(OIDC)の両方に対応したシングルサインオンエンジンで、Office365等社内システムのID管理だけでなく、BtoCサイトのID統合基盤としても利用ができる。

お問合せ・資料請求

LaKeelシリーズの製品導入、販売に関するお問合せはお気軽にご相談ください。
LaKeel製品の導入・販売に関する
お問合せはこちら
お問合せ・ご相談
LaKeel製品の資料請求はこちら
 
資料請求はこちら