ホワイトペーパー

DX推進におけるノウハウ資料・事例資料等が無料でダウンロード可能です。
失敗から学ぶ!今、企業が取るべき
レガシーマイグレーション戦略とは
SaaS乱立による弊害を解消するために

1990年代、多くの企業はスクラッチ開発により基幹システムの構築を行いました。しかし、時間の経過につれて基幹システムはレガシー化し、企業はカスタマイズされたパッケージソフトやSaaSを導入することで、技術の進歩や業務の変化についていけなくなった部分を補うようになりました。一方で、このような「個別最適なシステム導入」が、企業において様々な問題を引き起こしています。

本資料では、日本におけるレガシーマイグレーションの遍歴とその弊害について解説。そして、今後企業がとるべき理想的なレガシーマイグレーション戦略とその実現方法をご紹介します。

詳細・ダウンロードはこちら
DX時代における
IT部門のあるべき姿とは
ITの力で企業の利益を生み出すための方法

DX時代に企業が生き残るためには、デジタル活用を前提とした経営戦略やビジネスの確立が欠かせません。そのような風潮の中、IT部門は既存システムの保守・メンテナンスといった従来の役割だけでなく、ITを駆使して企業利益を生み出す存在として、より戦略的な位置づけが期待されています。

本資料では、IT部門の現状と課題、今後を見据えた新しい役割について詳しく解説。課題を乗り越えてIT部門の理想の姿を実現する方法についてご紹介しています。

詳細・ダウンロードはこちら
データ分析基盤構築ガイドブック
膨大なデータの取り扱いがDXの要

ビジネスシーンでのデータ活用が一般化したことで、レガシーシステム脱却が求められています。
このレガシーシステムから脱却しデータを有効活用する方法として、
データの収集、蓄積、加工、分析を一貫して行える「データ分析基盤」に注目が集まっております。

本資料では、データ分析基盤構築のポイントとレガシーシステムからの脱却をする上で重要なデータ移行についてご紹介しております。

詳細・ダウンロードはこちら
ローコード(aPaaS)開発に
失敗しないための
導⼊前チェックシート
「高速開発」や「高生産開発」ができるとして、期待が高まっているローコード開発。しかし「フルスクラッチ開発」「パッケージ導⼊」に慣れてい る情報システム部⾨は、「⾼⽣産性ツール」を使った開発・運⽤で意図しない落とし⽳にはまることがあります。

本資料では、そうした落とし穴を避けるためにシステム導入前に確認するべきチェックリストをご紹介しています。
詳細・ダウンロードはこちら
ローコードによるモダナイゼー
ションだけでは終わらせない
ビジネスを加速させる次世代ローコード開発とは

DX実現に向け、ビジネス環境の変化に柔軟に対応できるシステム開発として注目される「ローコード開発」。
短期的なスピードと柔軟性だけではなく、内製化のメリットを十分に活かした運用はどうあるべきなのでしょうか。

本資料では、『真のDX』を実現するために必要なシステム開発について、事例と共にお伝えします。

詳細・ダウンロードはこちら
そのレガシーマイグレーション
DXに対応できますか?
柔軟性・迅速さの鍵はマイクロサービス活用と内製化

従来のレガシーマイグレーションは、システム基盤やシステム保守などの「コスト削減」を強く意識したものでしたが、それだけでよいのでしょうか。
DXを実現するための鍵は、アプリケーションのマイクロサービス方式による部品化や、システムの内製化を見据えたモダナイゼーションです。
本資料では、レガシーシステムを脱却しDXを成功させるためのポイントや、システムの内製化が企業に与える影響についてご紹介します。

※この資料は「DIGITAL Foresight 2022-23 Winter」の講演内容を資料化したものです。

詳細・ダウンロードはこちら
ビッグデータ×AI分析のユースケース
【銀行・証券会社・保険会社など金融業界向け】

昨今、ビジネスにおけるAI分析・データ活用のニーズは年々高まっています。これからの企業に求められるのは、AIによる業務効率化だけではなく、AI分析を活用した更なる利益拡大やリスク回避の実現です。
本資料では、AI分析の概要や最新の事例に関する解説に加え、金融機関向けのAI分析活用ユースケースについてご紹介しています。

詳細・ダウンロードはこちら
2025年の崖に落ちないための
4ステップ︕
失敗しないDXの取り組みとは?

2018年に経済産業省が発表した「DXレポート」のなかで表題として「2025年の崖」という⾔葉が使われました。2025年の崖として企業が2025年までにDX化ができていない場合、経済的損失は12兆円にも上るとの指摘がなされ、多くの注⽬を集めました。
上記レポートを受け多くの企業でDX化への取り組みがされていますが、成功ている企業は多くはありません。
本書では、「2025年の崖」から落ちてしまう企業の特徴とDXを実現させ、戦略的に2025年以降も勝ち抜いていく⽅法について解説します。

詳細・ダウンロードはこちら
電子帳簿保存法の概要と対応する
ためのシステム構築のポイント
【2022年度法改正対応版】

2022年改正の電子帳簿保存法、2023年10月開始のインボイス制度に向け、企業では対応が急がれています。
しかし、法律への対応だけに目を向けていると、実際の業務との連携がとれず、かえって生産性が下がってしまうことも。
電子化による効率化を達成するためには、業務全体を意識したシステムの構築が重要です。

本資料では電子帳簿保存法の概要と、インボイス制度と併せた対応の方法について解説します。

詳細・ダウンロードはこちら
スマートに機能を拡張する
「aPaaS」とは
ERP、CRM/SFAのアドオン地獄に陥らない
多くの企業では「ERP一本化施策」を掲げていますが、日本においてはレガシーシステムで既に実現済みであった高度な自社業務への 適合を叶えるべく、多くのアドオンやカスタマイズが行われる傾向にあります。
こうした背景事情から、企業が陥りがちなのが「アドオン地獄」の問題です。
この「アドオン地獄」に陥らずに、将来的に必要に応じてスマートに機能を拡張していけるクラウドサービスとして近年『aPaaS』が注目されはじめています。
本資料では、そんな『aPaaS』とは何か詳しく解説していきます。
詳細・ダウンロードはこちら
「働き方改革」に最適な
ビジネスチャットとは
コロナで明暗が分かれたテレワーク対応力

新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、改めてテレワークが注目されています。ですが本来、企業は長期的な視野で取り組むテーマとして「働き方改革」があり、その重要な切り札として位置づけられるのがテレワークです。
緊急事態においてもスムーズに事業継続できる働き方の先進企業となるためには、どのような対応力が必要になってくるのでしょうか。

詳細・ダウンロードはこちら
ビジネスチャット活用が実現する
3つのメリットとは
LaKeel Messenger 松屋フーズホールディングス様 導入事例

社員同士の連絡手段が統一されていないことで情報伝達遅延や情報漏洩リスクなどの発生が懸念されます。今回は、社内のコミュニケーション強化にビジネスチャットを活用した松屋フーズホールディングス様の事例をご紹介しております。

詳細・ダウンロードはこちら