従来の開発との違いを徹底解説!
「ローコード開発(超高速開発)」のメリット・デメリット

従来の開発との違いを徹底解説!</br>「ローコード開発(超高速開発)」のメリット・デメリット

この記事では、ローコード開発(超高速開発)と従来型の開発の違いについて解説します。なぜローコード開発(超高速開発)が求められているのか、導入によってどのようなメリットが得られるのか、さらには開発ツールを選ぶ際のポイントを解説します。市場のニーズに迅速に対応したい、システム開発にかかる負担や手間を軽減したい方はぜひ参考にしてみてください。

ローコード開発(超高速開発)が求められる背景

あらゆる産業・業界において、新しいデジタル技術を活用し、従来にはなかったビジネスを展開する企業が増えています。近年、短い時間の中で急速なIT化が進み、大きなゲームチェンジが起きつつあります。そのような市場の変化に対応するためにも、迅速なシステム開発体制を整備することは欠かせません。一方で、IT人材は不足状態であり、簡単に開発体制を整えられない企業もあります。そのようなときの有力な選択肢となるのがローコード開発(超高速開発)です。

ここでは、なぜローコード開発(超高速開発)が求められるのか、その背景について解説します。

 

市場の変化に対応した迅速なシステム開発が求められている

新型コロナウイルスの流行や急激な技術革新などの影響により、市場のニーズに急速な変化が起きています。このめまぐるしい市場の変化は、特にIT業界において顕著であり、従来のシステムではあっという間に陳腐化してしまいます。そのため、企業には迅速にシステム開発を行うことが求められており、それを実現する選択肢として、開発にかかる時間が大幅に削減されるローコード開発(超高速開発)が注目を集めています。

IT需要の急激な増加によるIT人材の不足

業界を問わず急速に技術が進展していることにより、IT人材の需要が高まっています。しかしIT領域においては、市場の変化の速さによる既存システムの急速な老朽化や複雑化、ブラックボックス化が進んでおり、既存システムを運用・保守できるIT人材が枯渇している状況です。こういった人材不足もローコード開発(超高速開発)に対するニーズが高まる背景となっています。

ここまでは、ローコード開発(超高速開発)が求められる背景について解説しました。続いては、ローコード開発(超高速開発)と従来型の開発の違いについて解説します。

ローコード開発(超高速開発)と従来型開発の違いとは

ローコード開発(超高速開発)と従来型開発の大きな違いは工数にあります。従来型の開発の場合、顧客との要件定義にもとづいて仕様書を作成し、仕様書を元にコードを一から書きあげ、システムを開発するという流れが一般的でした。この開発方法は、工数が多いためどうしても1つのシステムを開発するのに多くの時間がかかってしまいます。一方のローコード開発(超高速開発)は、GUI(Graphical User Interface)を用いて、視覚的に必要な部品を組み立てて仕様策定を行います。また、プログラムの自動生成機能なども活用できるため、人手によるコード入力を最小限に抑えた状態でのシステム開発が可能になります。そのため、技術的なハードルが低く、従来よりも短時間でシステムを開発できます。

ここでは、ローコード開発(超高速開発)と従来型開発の違いを説明しましたが、次に具体的なローコード開発(超高速開発)のメリットを紹介します。

ローコード開発(超高速開発)のメリット

ローコード開発(超高速開発)を導入することで得られるメリットはさまざまです。ここでは、ローコード開発(超高速開発)の主なメリットをご紹介します。

 

開発時間を短縮できる

ローコード開発(超高速開発)では、コード入力を極力減らしているため、入力にかかる手間を省くことができます。また、システム開発に必要となる各工程も省略もしくは自動化できるため、開発にかかる時間の短縮が可能です。1つひとつのシステム開発にかかる時間が短くなれば、市場ニーズの目まぐるしい変化スピードに遅れることなく、スムーズかつ柔軟な対応が可能になります

技術的なハードルが低下する

ローコード開発(超高速開発)は、従来型の開発のように、ソースコードを1から書く必要がないため、技術的なハードルが下がります。それに伴い、システム開発の内製化も行いやすくなります。内製化することで、システムのブラックボックス化解消、ベンダーロックインからの脱却なども実現可能です。また、システム開発の外注費や高い能力を持つ技術者を雇用・育成に要する各種コストの削減も期待できます。ユーザーが主体となってシステム開発に取り組めるため、より要件に即してシステムを開発しやすくなる点も大きなメリットです。

ヒューマンエラーが減少する

ローコード開発(超高速開発)は従来のシステム開発とは違い、コードを書く機会が少なくなるため、必然的にヒューマンエラーを減らすことが可能となります。ミスが発生すると、その対応に時間も人手も奪われてしまいますが、ローコード開発(超高速開発)であれば、コードの記載ミスによるヒューマンエラーの発生とその対応による工数圧迫の心配は激減します。

このように、ローコード開発(超高速開発)には多くのメリットがありますが、デメリットもあります。そこで、続いてはローコード開発(超高速開発)のデメリットを解説します。

ローコード開発(超高速開発)のデメリット

ローコード開発(超高速開発)の導入にあたっては、メリットだけでなくデメリットも押さえておくことが重要です。メリット、デメリットの双方を理解した上で、自社に適したツールを選びの参考にしてください。

 

ツール機能による制約を受ける

ローコード開発(超高速開発)は、使用するツールで対応できる範囲内でシステム開発を行わなければならないため、ツールによっては、必要な機能を実装できない可能性があります。ツールで対応できない機能を実装するとなった場合はツール外の開発、つまり従来型の手法による開発が必要になります。

ある程度のプログラミング知識は必要となる

ローコード開発(超高速開発)は、ソースコードの書き込みがほとんどなくなるという特徴を持ちますが、だからと言ってプログラミング知識ゼロの状態で対応できるわけではありません。例えば、「自動で書き込まれたソースが正しいかどうかチェックする」「ツールで対応できない機能を実装する」といった場合はプログラミングの知識が必要です。そのため、社内でローコード開発(超高速開発)を行う人材に対し、ある程度までのプログラミング知識を取得できるよう教育する必要があります。

このように、便利なローコード開発(超高速開発)にもデメリットは存在するため、デメリットを踏まえてどのようにツールを選ぶべきかが重要です。また、ローコード開発(超高速開発)導入時に陥りがちな罠にも注意が必要です。
続いては、ローコード開発(超高速開発)を選ぶ際の注意点をご紹介します。

ローコード開発(超高速開発)ツールを選ぶ際の注意点

ここでは、ローコード開発(超高速開発)ツールを選ぶ際の注意点を解説します。「さまざまな企業から展開されていて、どれを選べばいいかわからない」といった方は、ぜひ参考にしてください。

 

開発するシステムの規模や機能にツールが見合っているかどうか

ローコード開発(超高速開発)ツールによって、使用できる機能に違いがあるため、開発するシステムに必要な機能を想定した上でツールの選定を行うことが重要です。ただし、システムを全てゼロから自前で制作する「フルスクラッチ開発」やパッケージ導⼊に慣れている情報システム部⾨の場合、「⾼速開発」や「⾼⽣産性開発」であるツールはそれだけで操作が複雑となるため、初心者には扱いづらくなる可能性があります。そのため、単に機能が豊富なツールを選べばよいというわけではないという点にも注意してください。

実際にツールを選ぶ際には、以下のような点を確認することをおすすめします。

・開発方針の確認
・ツール選定時の機能チェック
・ツールのバージョンに関して
・サポート体制について

上記のような自社の要件にあったシステムを導入するために事前注意すべき点については以下にも詳しく記載しております。

自社のセキュリティ要件に合致しているかどうか

ローコード開発(超高速開発)を行う際のセキュリティ対策は、使用する開発ツールのセキュリティポリシーに依存します。そのため、開発ツールのセキュリティポリシーが自社のセキュリティ要件に合致するかどうかを確認した上でツールを選ばなければなりません。ローコード開発(超高速開発)は便利なものですが、デメリットを踏まえた上で自社に適したツールを選ばなければ、導入によるメリットも弱まってしまいます。

ローコード開発(超高速開発)のメリットを最大限に発揮したい方、ご興味を持たれた方はこちらからお問い合わせください。

従来の開発との違いを徹底解説!</br>「ローコード開発(超高速開発)」のメリット・デメリット

お問合せ・資料請求

LaKeelシリーズの製品導入、販売に関するお問合せはお気軽にご相談ください。
LaKeel製品の導入・販売に関する
お問合せはこちら
お問合せ・ご相談
LaKeel製品の資料請求はこちら
 
資料請求はこちら