注目が集まる開発手法「ローコード開発」とは?

注目が集まる開発手法「ローコード開発」とは?

アプリケーションやシステムの開発に時間がかかっており、もっと短縮化・効率化したいと考えている企業は少なくないでしょう。この記事では、そのような企業におすすめの開発手法として「ローコード開発」を紹介します。どのような開発手法で、どういった特徴を持っているのか解説しているため、ぜひ参考にしてください。

ローコード開発とは

ローコード開発とは、アプリケーションなどを開発する際にソースコードを活用して記述する部分をできるだけ減らし、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)を活用した視覚的な操作によって工程を一部省略もしくは自動化して開発ができる手法のことです。DX推進に有用であるとされており、ITがビジネスを大きく左右する昨今の時代における象徴的な技術だといえるでしょう。

従来のシステム開発と比較しても短い開発期間で、高品質かつ安定したシステム開発を行うことが可能であり、昨今ではこのローコード開発に注目が集まっています。

ローコード開発が注目されている理由

ローコード開発が注目されている理由として挙げられるのが、ビジネス環境の変化とIT人材の不足です。昨今では、企業をとりまくビジネス環境が急速に変化しており、情報システム部門にはよりタイムリーで、柔軟で、迅速な対応が求められる時代となっています。また、今後はシステム開発を担当できる人材の確保が難しくなると予想されています。
このような変化に対応するために専門的なスキルがなくても開発を行うことができるローコード開発が注目を集めています。

では、ローコード開発と従来の開発手法にはどのような違いがあるのでしょうか。続いてはローコード開発のメリット・デメリットについて解説します。

ローコード開発のメリット・デメリット-従来の開発手法と比較-

ローコード開発は、従来の開発手法と比べると、開発期間が短くなることや開発工数を削減できること、運用開始後であっても改善策を実施しやすいことなどがメリットとして挙げられます。これは、開発工程が簡略化されること、ソースコードの自動生成ができるようになったためです。また、豊富な専門知識を持った人材がいなくても開発を行える点も大きな特徴だといえるでしょう。そのほかにも、ローコード開発は実装が比較的容易に行えることから、ユーザーが主体となって開発を進められます。そのため、ユーザー視点にたった開発も可能となり、要件との乖離も発生しにくくなります。

一方で、設計を専用ツールで行う場合は、ツールの対応範囲外の要求には応えられない可能性があります。自由度が低いため、自社のやりたいことができないといったことにもなりかねません。また、ローコードは確かに開発にかかる工数を減らすことができ、ソースコードの自動生成なども行えますが、一部コードの読み書きは必要となるため、最低限の知識は必要不可欠です。

実際にローコード開発を導入する場合は、これらのメリット・デメリットを踏まえたうえで検討してください。続いては、ローコードと並ぶ、高速開発を実現する手法のノーコード開発について解説します。

ローコード開発とノーコード開発の違い

ローコード開発とノーコード開発は、ツール上で画面部品・ロジック部品を組み立てるようにドラッグ&ドロップによって開発を進められるという点で共通しています。
一方で、ローコード開発はコードを最小限に抑えた開発を行いますが、ノーコード開発は、ソースコードの記述が不要になるという違いがあります。

また、ローコード開発には様々なプラットフォームがあるため、それぞれの特徴を理解することは、自社にあったプラットフォームを導入するにためにも非常に重要です。


続いては、ローコード開発の種類と特徴について解説します。

ローコード開発ツールの種類と特徴

ローコード開発ツールにはさまざまな種類があり、ベンダーによってそれぞれ特色が異なりますが、大きく分けると、「専用のツールを多用するもの」「オープンアーキテクチャを使いやすくするもの」に大別されます。

専用のツールを多用するものは、開発生産性が高いというメリットがありますが、ツールの制約を受けるケースもあるため、利用時には注意が必要です。また、ツールを利用するに当たっては習熟が必要となり、対応できるエンジニアも限られてくるため、人材獲得時に制約が出てくると予測されます。
一方のオープンアーキテクチャを使いやすくするツールは、汎用性が高く、業務に合わせた機能実現ができ、エンジニアの獲得も比較的容易に行える点が特徴です。また、設計段階から機能実現性の見通しが効きやすい点も魅力だといえます。一方で、ローコード開発であってもプログラミングスキルは必要となることには留意しておく必要があります。

続いては、これらのローコード開発ツールを用いて開発を行った事例を紹介します。

ローコード開発の事例

昨今、ローコード開発を取り入れている企業は少なくありません。
例えば、外部パートナーと共同で行っていた自社製品の開発業務を完全に内製化したことで、顧客の要望に応じるスピードやコストの削減につながったという事例もあります。

ある企業では、従来、顧客の要望に対し、顧客、社内の開発チーム、外部の開発パートナーと調整をしていると時間がかかってしまい、迅速に応えられていない課題を抱えていました。この課題を解決するために内製化を決断し、開発運用基盤としてローコード開発プラットフォームを導入しました。

これによって、自社管理していた製品のインフラ運用部分をローコード開発ツールの提供元にアウトソースしたことで社内の負担を軽減することができ、顧客要望の早期実現に関わる重要な領域に自社のリソースを割くことが可能となりました

このような自社の課題を解決できるローコード開発ツールを選ぶことで、事業を成功へと導くことが可能となります。次章では、自社に合ったローコード開発ツールの選び方について紹介します。

ローコード開発ツールの選び方

ローコード開発ツールは、ただ導入すれば効果を出せるといったものではありません。効果を最大限に発揮させるためには、なぜローコード開発ツールを導入するのか、その目的を明確にすることが重要となります。一方で、自社の目的が明確にできずに困っている企業少なくないでしょう。そのような企業に向けて、ツールを選定する際に活用できる資料をチェックリストにして紹介しています。ぜひダウンロードしてお役立てください。

ローコード(aPaaS)開発に失敗しないための導⼊前チェックシート

お役立ち資料
ローコード(aPaaS)開発に失敗しないための導⼊前チェックシート

お問合せ・資料請求

LaKeelシリーズの製品導入、販売に関するお問合せはお気軽にご相談ください。
LaKeel製品の導入・販売に関する
お問合せはこちら
お問合せ・ご相談
LaKeel製品の資料請求はこちら
 
資料請求はこちら