ローコード開発で加速させる本質的なDX

ローコード開発で加速させる本質的なDX

近年「DX」という言葉を耳にする機会が多くなりましたが、なぜDXが重要視されているのかわからない、という方も多いと思います。また、なんとなくは理解していても、本質的なDXを理解していないケースも少なくないはずです。この記事では、企業がDXに取り組むべき理由とDXの本質について解説し、DX導入を加速させるローコード開発を紹介します。また、ローコード開発のツールも紹介しているため、これからDXに取り組もうとしている企業の担当者は、ぜひ参考にしてください。

DXに取り組まなくてはならない理由

経済産業省がDXレポートを発表したこともあって、昨今では「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉に注目が集まっています。本章ではレポート内で取り上げられている、3つの項目に注目し、なぜ企業がDXに取り組まなくてはならないのか、その理由について解説します。なお、ここでは、デジタル技術を活用したビジネスモデルや組織の変革を「DX」として記載しています。

複雑化したレガシーシステム等「技術的な負債」を解消するため

レガシーシステムが複雑になり、ブラックボックス化したことで、システムの維持管理費が高騰し、企業のIT予算の9割以上が費やされています

もしブラックボックス状態を解消できず、蓄積してきたデータを活用できないとなると、DXの実現も難しいものと考えられています。また、DXへの対応ができないと市場の変化に対応することも難しくなり、ビジネスモデルの柔軟かつ迅速な変更ができずデジタル競争に敗北してしまう可能性があります。

維持管理に関しても、保守運用を担える人材が不足しているケースも珍しくなく、人材不足からサイバー攻撃やセキュリティ事故などによるトラブル・データ消失といったリスクが高まると考えられます。

このように、ブラックボックス化した状態を放置してしまうと、さまざまな技術的負債を抱えることとなり、業務基盤の維持・継承が困難になります。この技術的負債を解消するためにDXが求められています。

データの利活用を行い、企業競争力を向上させるため

IT技術が進歩していくにつれて、それと同時にデータ活用の重要性も高まっています。しかし、レガシーシステムがある場合は、データのサイロ化が発生することで活用が困難なものとなってしまいます。

データ活用が難しくなると、市場の変化への迅速な対応が難しくなり、競合他社との競争に負けてしまうかもしれません。一方で、データを有効活用できれば、顧客のニーズを探り出し、マーケティングに反映して戦略を立案することもでき、売上アップや顧客満足度の向上などにもつながります。
また、それだけではなく業務の効率化を他領域にも活用が可能です。

IT人材不足を解消するため

多くの企業において、IT人材不足が深刻なものとなっており、企業ではこれらの人材を確保することが困難となってきています。また、今後はさらに人材不足が加速していくことが予想されるため、企業にはDXによる業務効率化を図り、人材不足を解消する必要があります。

このような理由からDXに対する必要性が高まっています。一方で、DXの本質的な意味を理解している企業は意外と多くありません。そこで次章では本質的なDXとはどのようなものか詳しく解説します。

求められる本質的なDXとは

DXとは、正しくは「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」といい、それぞれの単語の頭文字をとってDXと呼ばれています。ビジネスにおいて耳にするDXは、デジタル技術を活用することで、製品やサービスあるいはビジネスモデルなどを変革することだといえます

ただし、DXの本質はデジタル技術の活用による個別の業務改善ではありません。あくまでも企業全体の変革を目的としたデジタル技術活用であることに注意が必要です。

また、先ほど説明した昨今の企業が抱えるそれぞれの課題も、DXの導入によって解消が期待できます。

例えば、複雑化したレガシーシステムなどの「技術的な負債」 は、DXの導入によって「IT人材資源」の節約が可能となるため、解消が期待できると考えられます。また、増加するデータによってデータの利活用が進まないことが組織やビジネスの変革を阻害しています。しかしDXを活用することによって、データの統合・クレンジングが容易となり、データの利活用が促進されます。

さらに、年々拡大しているIT人材の不足に関しても、DXによって、これまでIT人材が担ってきた業務の効率化が実現する他、業務に必要となる技術ハードルを下げることができるため、人員を確保しやすくなります。

このように、DXは多くの企業にとって、競争力の強化はもちろんのこと、ビジネス環境の整備による生産性の向上や新たなビジネスモデル創出を実現するために、必要不可欠な取り組みだと考えられます。企業は、テクノロジーを前提としたうえでビジネスモデルを変革させる必要があり、従来の業務フローなどにとらわれないDXが重要となります。

続いては、DXの一端となる技術であり、ビジネスモデルの変革にもつながる「ローコード開発」を紹介します。

事業を加速させるローコード開発

DXを導入する場合、選択肢としてさまざまなものがありますが、その1つにローコード開発があります。

ローコード開発とは、ソースコードを書く機会を可能な限り減らすことで、アプリケーションなどをより迅速に開発することができる手法のことです。GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)という視覚的な操作によって、画面部品やロジック部品の組み合わせが可能となっており、従来よりも工程の省略が可能となっています。また、場合によっては工程の自動化も可能です。これまでのアプリケーション・システム開発と比べて、短い開発期間で高品質で安定したアプリ・システムの開発が可能となっているため、急速に変化している市場において、顧客のニーズに応じた迅速かつ柔軟な対応が実現すると考えられます。
そのため、既存のビジネスモデルでは必要だった部分の削減や、新たな顧客のニーズに沿ったビジネスモデルへと柔軟に変革することも可能になります。

ローコード開発を取り入れることで、事業のDXが加速し、レガシーシステムを刷新する手助けとなるはずです。興味のある方は、ぜひローコード開発ツールの導入を検討してみてください。

ローコード(aPaaS)開発に失敗しないための導⼊前チェックシート

お役立ち資料
ローコード(aPaaS)開発に失敗しないための導⼊前チェックシート

お問合せ・資料請求

LaKeelシリーズの製品導入、販売に関するお問合せはお気軽にご相談ください。
LaKeel製品の導入・販売に関する
お問合せはこちら
お問合せ・ご相談
LaKeel製品の資料請求はこちら
 
資料請求はこちら