ローコード開発・ノーコード開発・aPaaS・hpaPaaS とは?それぞれの特徴・違い・注意点などを解説

ローコード開発・ノーコード開発・aPaaS・hpaPaaS とは?それぞれの特徴・違い・注意点などを解説

IT人材の不足や急速に変化していくビジネス環境へ対応していくため、高速開発ツールの活用に注目が集まっています。本記事では、高速開発ツールとして注目される「ローコード開発・ノーコード開発・ aPaaS ・ hpaPaaS 」のそれぞれの特徴や違いと導入前の注意点について紹介します。

ローコード開発・ノーコード開発・ aPaaS ・ hpaPaaS それぞれの特徴

注目の集まっている高速開発ツールとして代表的な「ローコード・ノーコード開発」と「 aPaaS ・ hpaPaaS 」についてそれぞれの特徴と違いについて紹介します。

 

ローコード・ノーコード開発の特徴と違い

ローコード・ノーコード開発の特徴として、グラフィカルなツールを用いて直感的な開発を行えるため、ソースコードの記述は最小限で済むことが挙げられます。そのため、専門的な IT スキルがない人でも開発が行えることや、スピーディーな開発が行えるといったメリットがあります。

ローコード・ノーコード開発の基本的な開発方法は、ツール上で画面部品やロジック部品を組み立てるようにドラッグアンドドロップで進められるといった共通点があります。ローコード開発はその名の通り最小限のコードで開発ができる一方、ノーコード開発はソースコード記述の必要が無いといった違いがあります。

aPaaS 、 hpaPaaS の特徴と違い

上述のローコード・ノーコード開発が行えるプラットフォームとして、 aPaaS ( Application Platform as a Service ) や hpaPaaS ( High Productivility Application PaaS )があります。

 

aPaaS 、 hpaPaaS は実⾏環境や CICD 、運⽤監視等を総合的に提供することで⽣産性を⾼めるサービスを指します。 hpaPaaS は aPaaS の中でも、生産性を重視した高速開発サービスに位置付けられます。

 

hpaPaaSはアプリケーション開発(RAD)機能を提供するツールであるため、GUIのパーツを配置するだけで基本的な機能が実装でき、スピーディーな開発環境を持つことができます。

 

aPaaS・hpaPaaSは生産性を高めるツールを指しますが、ツールごとに適用範囲や価格は異なります。企業IT全体の生産性を高める事が可能な適用範囲の広い柔軟なツールもあれば、台帳入力のような簡単なアプリケーションの構築に適しているツールもあり、ローコード・ノーコード開発を成功させるためには自社の目的に合ったツールを選定することが重要となってきます。

拡大する「高速開発ツール」市場。注目される理由とは

2018年9月に経済産業省が発表した「 DX レポート ~ IT システム「 2025 年の崖」の克服と DXの本格的な展開~」で述べられていたように、 2025 年までに約 43 万人の IT 人材が不足すると予想されており、今後、システム開発に携わる人材の確保が、一層困難になっていくことでしょう。

 

このような状態から脱却するために注目されているのが、専門的な IT スキルを持たなくてもスピーディーに開発を行うことができる「高速開発ツールの活用」です。

 

高速開発ツールは専門的な IT スキルを持たない人材でも開発ができるというメリットの他に、コストの削減にも効果的です。

 

例えば、社内の開発リソースが不足している中で新たに開発を行う場合、外部の開発会社に依頼するといったケースは少なくありません。外部に開発を委託した場合には開発費用がかかるだけではなく、開発されたものを修正する際、また開発会社に依頼せざるを得なくなり、新規開発・修正のたびに費用が発生することも多いです。しかし、ある程度社内でも編集可能または、ゼロから開発可能な高速開発ツールであれば、開発や更新にかかるコストを抑えることができます

 

その他、従来の開発手法よりも高速に開発を行えることから DX (デジタルトランスフォーメーション)への取り組み時にも高速開発ツールの活用に注目が集まっています。

 

「注目されているのでツールを導入してみたが失敗した」ということの無いよう導入を検討する前に、ローコード開 発・ノーコード開発・aPaaS・hpaPaaSがどのようなものか理解しておきましょう。

 

高速開発ツールを導入する前の注意点

これまで紹介したように、高速開発ツールは多くのメリットがあります。しかし、ただ導入すれば効果が出るといったものではありません。効果を最大限に発揮させるためには、どのような目的でローコード生産ツールを導入するかを明確にすることが重要です。

 

一概に生産性の向上といっても、「初期の⾼速開発」と「継続的な高頻度リリースによる臨機応変なビジネス要求への対応」とでは適したツールは異なります。そのため、まずはビジネスサイドから求められるゴールを明確にする必要があります。

 

ゴールを明確にした次に確認するべきことは、ツール導入の目的や適用範囲の確認です。

特定のプロジェクトのみを適用するために採用するのか、企業のIT基盤として採用するのか、によってもツールの選定基準は異なります。また、ツール選定の段階では、ベンダーリスクについても留意しておく必要があります。

 

このようなさまざまな点を確認したうえで高速開発ツールを選定していくために活用できる「導入前に確認すべき13の項目」をチェックリストにしてこちらの資料で紹介しています。ぜひダウンロードしてお役立てください。

ローコード(aPaaS)開発に失敗しないための導⼊前チェックシート

お役立ち資料
ローコード(aPaaS)開発に失敗しないための導⼊前チェックシート

お問合せ・資料請求

LaKeelシリーズの製品導入、販売に関するお問合せはお気軽にご相談ください。
LaKeel製品の導入・販売に関する
お問合せはこちら
お問合せ・ご相談
LaKeel製品の資料請求はこちら
 
資料請求はこちら