コロナで明暗が分かれた
テレワーク対応力
「働き方改革」に最適な
ビジネスチャットとは

新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、改めてテレワークが注目されています。ですが本来、企業は長期的な視野で取り組むテーマとして「働き方改革」があり、その重要な切り札として位置づけられるのがテレワークです。
緊急事態においてもスムーズに事業継続できる働き方の先進企業となるためには、どのような対応力が必要になってくるのでしょうか。

ダウンロードできる資料の内容

【1】緊急性の有無に左右されず働き方改革としてのテレワークを
   (1)そもそもツールが浸透しづらい
   (2)一斉通知と情報の集計に労力がかかる
   (3)PC の利用状況が分からず部下の状況を把握できない

【2章】メール文化から抜け出し働き方改革につなげるビジネスチャット

【3章】万全な内部統制とセキュリティでテレワークに潜むリスクを排除

お問合せ・資料請求

LaKeelシリーズの製品導入、販売に関するお問合せはお気軽にご相談ください。
LaKeel製品の導入・販売に関する
お問合せはこちら
お問合せ・ご相談
LaKeel製品の資料請求はこちら
 
資料請求はこちら